About

About LOUIS GARNEAU

Experience and Achievements

長い経験で培った確かな自転車づくり

幼少期に始まり、青年期へとふくらむ
ルイ・ガノーの自転車人生

 ルイ・ガノーが生まれたのはカナダの東海岸に位置するケベック市。ここで育ったルイは5歳の時に自転車と出会いました。彼はまたたくまに自転車のライディングテクニックを身につけ、13歳で自転車レースを始め、1984年、ロス・オリンピックのカナダの代表となりました。その一方で彼は大学の芸術学部に進み、1981年には「ルイガノ」ブランドで、14色のアートなサイクルウェアを創作し好評を博しました。自転車に実際に乗り、その魅力を知り、創作へと活かす。これが「ルイガノ」ブランドの原点なのです。


ケベックの街並み

ヨーロッパの影響を受けたケベックの街並み

ルイガノの本部があるのはカナダのケベック市。北米の東海岸に位置し、その街並みはフランスなどヨーロッパの影響を大きく受けており、街自体に美しいアートを感じます。多くの建物は石づくりで美しい飾りが施され、まるで絵のよう。世界的にも訪れる人が多く、人々を魅了しています。ルイガノがこだわったのが、このケベックの街です。この街のアート性に負けないデザイン性豊かでアートな美しい自転車づくり。この考え方は現在にも受け継がれ、他にはない、ルイガノならではの自転車づくりに活かされています。


男女モデル

家族愛から生まれた安心・安全な自転車

家族愛を大切にするルイ・ガノー。彼の自転車づくりにはその考え方が大きく反映されています。子供車のラインナップを豊富に揃え、女性にも乗りやすい自転車など、数多くのアイテムを目的別に揃えています。また、家族を愛するがうえに彼がこだわったのが、自転車の安全性。強度耐久試験を繰り返すことでその性能を裏付け、多くの規格試験をクリアしたことで、その品質の高さには確かな自信をもっています。いつも安心・安全にルイガノの自転車に乗ってもらうことができる。その根底には、彼の大きな愛があるのです。


工房

アートな自転車づくりへの挑戦

ルイは自転車選手の道を選ぶか、ウェアづくりを続けるか、アーティストとして生きるか大いに悩みました。そして、彼はその3つから2つを選択しました。ウェアづくりとアートの融合、そしてデザイン性に優れた理想の自転車づくりです。「街を彩る人のアートな自転車を」の理念の元に、ルイガノの自転車づくりが始まったのです。ミニベロ、キッズバイク、カジュアルバイク、スポーツバイクなど、現在の極めてスタイリッシュなルイガノブランドの全てに通じる開発コンセプトがここに確立しました。


さらに続くより良い自転車づくりへの挑戦。

現在では自転車本体からライディングに必要とされる様々なアクセサリーまでをトータルに製品化し、人気を博するルイガノブランド。五輪にも出場したサイクリストとしての熱い情熱。さらにはケベック市の美術館にも、その作品が展示されるアーティストの思い。

ルイのこうした思いが、レースにも耐え得る高度なスポーツ性、美しいファッション性、そして年齢を問わず一人ひとりに応じた多彩な自転車づくりを推し進めてきました。この思いは現在まで決して止むことがなく、今もまた新たなチャレンジを続けています。

LOUISGARNEAUに関する問い合わせ先0120-177-319